メタボリックシンドロームに関する情報サイト

メタボとは

メタボとは、正式名称をメタボリック症候群といい、動脈硬化性疾患(心筋梗塞・脳梗塞など)への危険性を高くする複合型リスク症候群のことです。
よく言われる生活習慣病という病気がありますが、生活習慣病と呼ばれている主な疾患には「肥満症」「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」などがありますが、それぞれは独立したものではなく、肥満、とくに「内臓脂肪型肥満」が原因であることがわかってきました。

内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を、「メタボリックシンドローム(メタボ)」と呼んで、現在では治療の対象として考えられるようになってきています。メタボリックと判断される人は、通常の人に比べて、5倍〜10倍以上命に関わる、脳卒中や脳疾患、癌などの生活習慣病にかかりやすいといわれています。

 

現代の中高年層の男性では5人に1人、女性では2人に1人がこれに該当するといわれている程、年々メタボリックの対象者は増加してきています。現代社会の問題点としても取り上げられることの多い、食事の偏りや生活リズムの乱れ、ストレス、運動不足など、身近にある生活の中の問題点が増えれば増えるほど、メタボリック症候群になりやすく、なった後も改善が難しくなるといわれています。しかも、これらはどれも自分では気がつきにくいものばかりなのです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

メタボの診断基準

2005年4月に日本内科学会合同委員会において、メタボリックシンドロームの概念と診断基準が示されました。その概念とは以下のように述べられています。
@ インスリン抵抗性・動脈硬化惹起性リポ蛋白異常・血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態である。
A 偶然にリスクが集まったのではなく、上流に共通の発症基盤が存在する疾病単位である。したがって単なるマルチプルリスクファクター症候群と同じではない。
B その共通の基盤として内臓脂肪蓄積が存在する。
C 代謝異常のみを基盤としているわけではない(したがって後天的異常のみではなく遺伝的背景も考慮される) そして、そのメタボリックシンドロームの診断基準は、ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上(内臓脂肪の面積が100平方センチ以上になっている目安)またはBMI(25以上)が基準以上で、それに加えて@中性脂肪(トリグリ セライド)150mg/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40mg/dl 未満A収縮期血圧(上の血圧)130mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下の血圧)85mmHg以上B空腹時血糖110mg/dl以上、これらの脂質代謝、血圧、血糖の3項目のうち、2つ以上あてはまればメタボリック症候群だということになっています。

 

メタボが招く病気@糖尿病

糖尿病は生活習慣病として昔から注意勧告されてきた病気です。 一般には糖分の摂り過ぎを原因として起こる病気と考えられていますが、実際には複雑な原因が絡んでいます。
糖尿病には、生来的な原因によって発症する「1型糖尿病」と、生活習慣などが原因となる「2型糖尿病」 の二種類があります。1型糖尿病は、自己免疫疾患などで血糖値をコントロールするインシュリンを分泌する膵臓の機能が先天的に弱い体質を原因として発症するため、「小児糖尿病」とも呼ばれるほど未成年者にも多く見られるのが特徴です。一方の2型糖尿病は、糖分過多が原因となって発生する生活習慣病で、インシュ リン分泌量低下も関わってきます。
糖尿病が発症する大きな原因は、食事からの糖分摂取量が身体全体の糖分消費量を上回ることであるといえます。食事から摂取される糖分は砂糖などの甘味だけでなく、ご飯やパンなどの炭水化物も大きく関わってきます。糖分過多以外の原因では運動不足などで、糖分の消費量が少ないことも原因となります。血液中の糖分は、細胞が活動する為の必須エネルギー源で全ての細胞に不足が無いように常備されているものです。しかし、細胞に蓄えられていた糖分が充分に消費されなければ血液中の糖分は余剰になってしまい血糖値の上昇に繋がってしまうのです。